カンボジアで学校建設ができるNPO法人HEROのスタディツアー

logo

水について

カンボジアの水道水や井戸の水をそのまま飲むと、日本人であればまず確実にお腹を壊します。カンボジアの水は日本の水道水のように徹底的に消毒されているわけではなく、日本人が免疫を持っていない菌などが残っているからです。

水を飲む際は、必ずペットボトルで売られているミネラルウォーターを購入してください。$1前後で買えます。ペットボトルの飲料水であればまずお腹を壊すことはないでしょう。

治安について

カンボジアの治安は、おおむね安定していると言ってよいでしょう。ただし、日本のような治安を期待してはいけません。スリやぼったくりには常に注意してください。アンコール遺跡周辺では特にスリが頻発しているので、貴重品はすぐに見つからないところに入れておくなどの工夫が必要です。

また、アンコール遺跡のあるシェムリアップよりも首都プノンペンの方が治安が悪い傾向にあります。HEROのスタディツアーでは、プノンペンでの夜の単独行動は原則禁止しています。

宿泊について

2人で1つの部屋(ツイン)に宿泊します。原則、HEROが指定したホテル・ゲストハウスに宿泊していただきますが、ご希望があればHEROメンバーにお伝えください。柔軟に対応します。

宿のコーディネーターはHERO現地スタッフのサム。日本人に大人気の宿「イキイキゲストハウス」のオーナーです。日本人にとって気になるエアコン設備、ホットシャワー、洋式トイレなどを基準に選定します。

健康について

カンボジアでは、腹痛・下痢はつきものだと想定しておいたほうが良いです。主な原因は水や食べ物ですが、対策をしてもどうしてもお腹を壊してしまうことがあるので、整腸薬や正露丸などを常備薬として日本から持っていくことをおすすめします。お腹が痛くなったら、とにかく悪いものを全部出して水を飲むのが得策です。

消化不良とは別に、高熱・熱中症による脱水症状などの体調不良になってしまう方もいます。応急処置で回復する場合もありますが、熱があまりに高かった場合などは各都市にある国際病院へ搬送します。海外旅行保険に入っていればキャッシュレスで利用できるので安心です。

いずれにせよ、カンボジアにおいて体調管理は非常に大事です。HEROスタッフに事前に確認し、不安なことがないようにしておきましょう。

カンボジアいろは

言語

カンボジアの公用語はクメール語という言語ですが、中学生程度の英語力があれば、滞在に不便はないと思います。現地では、日本語の流暢なカンボジア人の現地スタッフが同行するのでご安心ください。なにより、笑顔と「伝えたい!」という気持ちさえあれば、現地の人は暖かく接してくださいます。

気候(気温・季節)

カンボジアの季節は、大きく乾季と雨季に分かれます。乾季は、11月上旬〜5月中旬のあたりで、その間雨はほとんど降りません。特に2月上旬から5月にかけては酷暑の時期で、気温が35~40℃にもなります。

5月から10月にかけては雨季にあたりますが、1日中ずっと雨が降っているわけではなく、毎日夕方になるとスコールが降り、水はけの悪いところは水浸しになります。スコールが昼間の暑さを和らげてくれるので、夜はむしろ過ごしやすいといえます。

病気など

カンボジアで特に気をつけなければならないのは、熱中症です。湿度が高い中、炎天下に長時間いると、頭痛、吐き気などの脱水症状があらわれます。水分はこまめにとり、帽子やタオル、日焼け止めを忘れないようにしましょう。

また、2014年に日本で発症者が出たことで有名なデング熱にも気をつける必要があります。悪化する確率は低めではありますが、できるだけ蚊にさされないようにする工夫が必要です。

各都市の特徴

シェムリアップはアンコールワットのすぐ隣にある街で、観光客でにぎわいます。街の真ん中を通るシヴァタ通りに沿って飲食店やマッサージ店が並び、歩いているとトゥクトゥクのドライバーが気さくに話しかけてきます。パブストリートやオールドマーケットなどもあり、歩いているだけで楽しめるエリアです。発展はしていますが、国の法律で高い建物は立てられないようになっており、おおらかな雰囲気に包まれています。

プノンペンはカンボジアの首都で、もっとも発展している都市といっていいでしょう。シェムリアップが観光地として魅力的であるのに対し、プノンペンはビジネスをする街として外国人が渡航してきます。道はコンクリートで整備され、東京のような高層ビルが並びます。その中にあるポルポト時代の遺物「キリングフィールド」と「トゥールスレン刑務所」は必見です。

参加者の声

タカさん

人との出会い、世界との出会い、とにかくワクワクする出会いに溢れてる!...

続きを読む

しんのすけさん

本当にやりたいことは何なのか、その気持ちを大切に...

続きを読む

耀さん

とにかく毎日が新しい発見!...

続きを読む