カンボジアで学校建設ができるNPO法人HEROのスタディツアー

logo

カンボジアに公立の小学校を建てよう

HEROのメインプロジェクト、小学校建設について紹介します。

何で必要なの?

カンボジアに学校が足りない理由

カンボジアでは、ポル・ポト政権による政策で多くの教師が殺されました。また、学校もほとんどが壊されました。教育制度が根本から破壊されたのです。
現在、子供の数は増えていますが、学校と教師がまだまだ足りていません。そのため、カンボジアで読み書き、計算をこなせる人は約37%にとどまっています。 全国でも90%の人が高校レベルまで到達していない状況です。また女性は60%以上が小学校を卒業していません。
このため、今でもカンボジアに学校が必要なのです。

どうやって建てるの?

①学校調査

各州の教育局職員と共に、学校の足りない地域を訪問、学校や子どもたちの教育状況をヒアリングします。

②学校建設地決定

学校調査をもとに、学校建設の必要性を判断した上、優先度の最も高い学校を決定します。

③整地

土地の整地を村人にお願いします。雑草や岩を取り除き、場合によっては雨季の浸水対策で土地の底上げなども。

④土台つくり(2〜3週間)

学校の土台をつくります。ここからは、パートナーのカンボジア大工に作業を任せます。

⑤床・壁つくり(2週間)

セメントで床を均し、レンガを積んで壁をつくりペンキを塗ります。この工程をスタツアでは手伝ってもらいます。

⑥屋根・窓・扉の取り付け(2週間)

カンボジアは日中がとても暑いので、涼しくするために屋根を高く、大きな窓をとりつけます。 授業中は窓も扉も開けたまま授業するので風が入って気持ちよいです。

⑦椅子・机の搬入(1週間)

いよいよ最後の工程です。1クラス48人分と先生の机椅子1セットを教室において完成!

⑧乾杯!開校式!

建設に携わったみんなで開校式を挙げます。

建てた後は・・・

みんなで大運動会

建設活動が終わったら皆で運動会!棒倒し、リレー、綱引きなど、働いたあとは思いっきり遊ぼう!

歯磨き教室

カンボジアには歯を磨く習慣がないので子どもたちは虫歯が一杯。歯磨きをしっかり覚えてもらい虫歯を無くしましょう!

理科の実験

カンボジアの通常の授業ではできない理科の実験。子どもたちは目を輝かせていました。

活動実績

現在、合計11校の建設実績があります(建設中含め)。2000人以上の子どもたちがHEROの学校に通っています。

  • 1校目:2010年10月 シェムリアップ州トロペアン・ルサイ村
  • 2校目:2011年10月 シェムリアップ州新スレイクワウ村
  • 3校目:2012年3月 バンテアイ・ミンチェン州ローク村
  • 4校目:2013年6月 ラタナキリ州チャイ村
  • 5校目:2013年9月 シェムリアップ州チャースモウ村
  • 6校目:2014年3月 バンテアイ・ミンチェン州コンシェイム村
  • 7校目:2014年8月 シェムリアップ州ポー村
  • 8校目:(建設中) シェムリアップ州トリュイ村
  • 9校目:2014年9月 カンダール州ダチョー村
  • 10校目:2014年11月 カンダール州ダイマテイチュラム村
  • 11校目:2015年9月 シェムリアップ州トロペアン・ルサイ村
  • 参加者の声

    タカさん

    人との出会い、世界との出会い、とにかくワクワクする出会いに溢れてる!...

    続きを読む

    しんのすけさん

    本当にやりたいことは何なのか、その気持ちを大切に...

    続きを読む

    耀さん

    とにかく毎日が新しい発見!...

    続きを読む